OS X El Capitan インストール奮闘記 3,4,5日目

前回の続きです


流れ

3日目、4日目

 6.再びアップデート&バックアップ→失敗

5日目

 7.再びセーフブート(アクセス権の修復も)

 8.再び復元→失敗

 9.セーフブート→復元(3回目)→失敗

 10.まだまだ続きます


3日目に突入しました。


本当なら、クリーンインストール→データ移行 をする予定だったのですが、

正直な話、少し億劫になっていましたので直接アップデートしてみました。


待つこと再び数時間。


無事インストールが完了してしまいました。

なら最初から無事にできてくれよ、というツッコミは置いておいて


予想外の出来事だったので困惑しましたが、とりあえず動くか確認。

まずよく使うソフトが動きそうか確認。

それからバックアップをとりました。


バックアップ完了を待つこと1日。ここで4日目を全て費やしました。


インストールを開始してから5日目です。

バックアップが完了していたので、いろいろ動かしてみようと、まずメールを開きました。


…フリーズしました。


カーソルがくるくる回り始めて、10分程度放置しても動く様子はなし。

仕方ないので強制終了。


再起動後、見たこともないエラーが出ました。


Coretelephony Trace File Error


なんのこっちゃ。

Users/<UserName>/Library/Logs の permission が dinied だよー。

というようなエラーだったので、ターミナルで確認しようとするも、そもそもマウスカーソルがずっとくるくる回っていて一切操作ができない状態。

再びセーフブートで起動しました。

なんとか動いたのでFinderでLogsフォルダを確認。

−マークが付いていて一切いじれない模様。

ターミナルで権限を確認。

$ ls -l

と入力してからLogsフォルダをドラッグ&ドロップ

$ls -l /Users/<UserName>/Library

にしてからEnter。



…大量に出すぎました。


気を取り直して、

$ls -l /Users/<UserName>/Library | grep ‘Logs’

で再度実行。

出てきました。

drwx – – – – – – …


はい。どういう状態だと正しいのかちょっと分かりかねたので、正しく動く別のMacで

同じことをして確認。

dwrxrwxrwx …

全員許可でした(笑)


再び動かないMacに戻り、

$ chmod 1777 /Users/<UserName>/Library/Logs

でアクセス権を変更…しようとしたらできなかったので

$ sudo chmod 1777 /Users/<UserName>/Library/Logs

でパスワードを入力して変更。


で、再起動。

Coretelephony Trace File Error は出なくなりましたが、やはりカーソルがくるくる回って動かず。

もう手立てが思いつかないので、とりあえずセーフブート。

動いたのでバックアップ。

そのバックアップで復元。

ログインできませんでした。




結果、そろそろMac自体が壊れそうで怖いので、

諦めてYosemite状態に復元して、そのまま使うことにしました…。


カテゴリ: その他. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。