Photoshopで宛名書き④

前回の続きです


⑤配列からの文字レイヤー作成ですが、文字レイヤーはほかのレイヤーとは少し機能が異なるようでTextItemというプロパティを持っているらしいです。

とりあえず新規テキストレイヤー作成。


var newLayer = layerSet.artLayers.add();

newLayer.kind = LayerKind.TEXT;


それから指定したい値をいじります


newLayer.textItem.contents = text; //文字列

newLayer.textItem.position = position; //位置 Array(x, y)

newLayer.textItem.font = font.postScriptName; //フォント(postScriptNameで指定しないといけないらしい)

newLayer.textItem.size = size; //フォントサイズ

newLayer.textItem.direction = dir; //縦書き、横書き(HORIZONTAL, VERTICAL)

newLayer.textItem.justification = Justification.LEFTJUSTIFIED; //文字揃え

newLayer.textItem.maximumLetterScaling = newLayer.textItem.minimumLetterScaling = newLayer.textItem.desiredLetterScaling = kering; //文字間隔

newLayer.textItem.maximumWordScaling = newLayer.textItem.minimumWordScaling = newLayer.textItem.desiredWordScaling = kering*2; //空白との間隔


⑥はがきに合わせて文字レイヤーを置く、についてはヒラギノ角ゴ ProNに合わせて以前私が作っていたものの座標を流用しました。

上のpositionに座標が入っています。


⑦は前回クリア済みですので省略。



今回はとりあえずここまで。

今までもまれにソースコードを載せていたことがありましたが、今回ようやくCrayon Syntax Highlighterを入れてみました

次回に続きます


カテゴリ: Photoshop. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。