宛名.jsx

宛名.jsxはPhotoshop用プラグインです。

これは、はがきの表(通信面、住所とか書いてある方)の面の印刷を簡単に行うためのものです。

つまり宛名を印刷するものです。

Officeをうまく使えないので少しでもPhotoshopを多く使おうとして作ったものです

Photohshop最高です



宛名.jsxの使用法

  1. まず宛名.jsxを入手して、「/Applications/Adobe Photoshop CC 2015/Presets/Scripts」に移動
  2. NumbersやExcelなどで下のような「郵便番号, 住所, 名前」の順に並んだCSVファイルを作成

    スクリーンショット 2015-12-29 12.11.28スクリーンショット 2015-12-29 11.37.25

  3. Photoshopを起動し、メニューバーの「ファイル>スクリプト>宛名」を選択
  4. 「参照…」ボタンから作成したCSV、pngの保存先を指定(成功すればボタンの横にファイルまでのパスが表示されますが、途中で切れるかもしれません。)
  5. 基本設定
    • pngを出力…最終的な画像を自動で「宛名」フォルダを作成して保存します。同時にpsdも保存します。
    • 最初の一枚のみ作成…プリンタの位置合わせ用の機能です。ずれ具合は「ずれ」の項目で調節してください。
    • アラビア数字を漢数字に変換…”1,2,3″を”一,二,三”に変換します。変換前が全角半角どちらでも問答無用に変換します。
    • ずれ…印刷した時に生じるずれを設定します。設定した値だけ全てのテキストレイヤーを移動します。

    スクリーンショット 2015-12-29 11.44.48

  6. 詳細設定
    • フォント…項目のフォントを変更できます。左でフォントファミリー名、右でスタイルを選択できます。
    • フォントサイズ…フォントを変えた時など、大きさを変えたい時に使用します。
    • 文字間隔…いわゆるカーニングの設定です。

    スクリーンショット 2015-12-29 11.44.51

  7. OKを押して作成します。
  8. 成功すればこんな感じのレイヤー構成になります

    スクリーンショット 2015-12-29 12.59.38

  9. pngを作成にチェックをつけていればこんな具合に出力されます。

    スクリーンショット 2015-12-29 13.03.00

  10. あとはプレビューなどで印刷して終了。

カテゴリ: Photoshop. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。